トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月28日 (金)

よいお年を!

今日は旅行記からいったん離れます。

いま、名古屋の実家に帰省しています。
名古屋といえば・・・喫茶店のモーニング!

モーニングは朝コーヒーを頼むとパンや卵などがついてくるサービス。
私も若い頃は休みの日の午前中に友達とモーニング巡りやりました。

最近、名古屋で一番有名な喫茶店「コメダ珈琲」が全国展開を始めていて、
東京にも池袋や三軒茶屋にもできました。

でも東京ではモーニングのパンや卵は「いらない」という人の方が多いらしい。
名古屋人は「お値打ち」が好きだというけれどやっぱりそうなのかな?

コメダ珈琲の魅力は味よりも、広い店内で長居ができるところと
木をふんだんに使った内装。あ、味では「シロノワール」は◎!

で、今回の絵はコメダ珈琲ではなく、最近実家の近くにできた
コメダ珈琲にすごくよく似ている喫茶店のモーニングです。


Photo
(サイズ F0)

今回、水彩絵の具ではなくて、実家にあった顔彩を
使ってみました。(まだ1回塗りです)


少し早いですが、今年はブログここまで。
今年1年お世話になった皆さま。よいお年を!
年明け1月6日頃からブログ再開する予定でーす。
来年もよろしく。

2012年12月27日 (木)

ピカソのお城美術館

翌日はニースからローカル線に乗って20分くらいの
アンティーブという街にあるピカソ美術館へ。

ピカソは高校生くらいのときに美術展を見に行って
初めて絵で衝撃を受けた画家。

ヨーロッパにはいくつかピカソ美術館があるけど、
ここはピカソと名のつく美術館の第1号だとか。

古代ギリシア時代に建物基礎が築かれたお城というのもすごいのですが、
何より立地が最高で、地中海沿いに建てられてるので
見学中も見学後も地中海がすぐそこに見られるのです。


1002
女の子も素敵!


描いた絵はこちら。

Img_0441

(サイズ SM)

ニースで買ったスケッチブック。紙がいまいちで空の色むらが・・・。
あと、あんなに感動した地中海が左下に少~しだけ。
実は建物のほうに感動してたらしい?!

アンティーブの街はこじんまりとしていい感じです。
南仏の名物ではないのに、ガレットが美味しそうだったので。

Img_0399
(サイズ ハガキ)

2012年12月26日 (水)

マティスのロザリオ礼拝堂

ニースからバスで1時間くらいのヴァンス村に
マティスが設計した「ロザリオ礼拝堂」があります。

ヴァンス村はとても小さい迷路みたいな村。
村の中心から礼拝堂までは少し歩きます。

あれ?道間違えたかなと思った頃に、白い壁の礼拝堂が
見えてきます。

088

とても可愛らしい外観。
入館時間まであと少しあるので、ちょっとだけスケッチ。

Img_0398
(サイズ ハガキ)
ほんとにちょっとだけ・・・。

ここは入場制限をしていて一度に礼拝堂に入れる人数が決まっています。
案内のおばさまに促され扉の中に入ると正面にステンドグラスが見えます。
青・緑・黄のステンドグラスがとても素敵

002_2   
(お土産のしおりから)

扉が閉められ、さあゆっくり観ようと思っていたら・・・。
案内のおばさまのフランス語の解説が始まりました。

フランス語わからないのですが、その人の強烈な圧力で
内容がわからなくてもちゃんと聞いていないといけない雰囲気。
それがすごく長くて。有難いのだけど気に入ったものをじっくり見ることはできない。

途中、同じくフランス語がわからないであろう外国人女性が部屋を出ようとすると
このおばさまにすごい勢いで怒られた!コワ~イ。
で、延々このおばさまの話が続いて、ようやく終わってゆっくり観ようとすると
「はーい、出てくださーい」って。

せっかく素敵なステンドグラスや壁画なのに、心で感じることができなかった。
おばさまの想いもわかるんだけど、マティスはきっとそれぞれの人が
感じてくれるのを望んでいたんだと思うのだけどなーなんて。

ロザリオ礼拝堂の詳細は「美の巨人たち」のHP
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/data/050409/まで。

マティスが考えていた色のことなんかも書いてあって参考になります。


2012年12月24日 (月)

メリー☆クリスマス

ということで
12月初めのスケッチ教室のときに描いた
東京・丸の内、丸ビルのX'masツリーを!


Img_0521
(サイズ F0)


待ち時間にさらっと5分くらいで描いたものです。
実際は昼間だけど夜にしました。

この日は寒かったけど頑張って外でも描きました。

Img_0520
(サイズ F2)
右下が暗いのは写真のせいです。

ちなみに2枚とも赤ペンです。

そういえばこの4日くらい前にウィルス性腸炎にかかり
3日くらい食べられなかった。
まだ流行ってるみたいだから気をつけましょう。
かかるときっついよ~。

2012年12月22日 (土)

ニース旧市街

ニースといえばビーチ!なんだけど、
私は旧市街の方が好きかも。

絵になるところがいっぱい!
なのに・・・なのに・・・そこで1枚も描いてないってどういうこと?!
そのときの自分に会いに行って問い詰めたいです。

078


まあ言い訳すれば、一つは体調だけど、
もう一つはニース市内の治安があまりよくないみたいで、
一日中パトカーやら救急車のサイレンが街中鳴り響いてるのです。
そういえば怪しい外国人が結構うろうろ。

だからあまりニース市内を散策したくなくなって。
あ~でも1枚でも描きたかった。バカッ。

で、ホテルからの景色。

Img_0446
(めずらしくF4サイズ)

熱い中、屋根の補修お疲れさま。


2012年12月21日 (金)

マティス美術館

ニース2日目。
まだ熱っぽいけど何とか復活。
後悔しないよう、まず一番行きたかったマティスの美術館を目指します。

その少し手前にあるのが、シャガール美術館。
ニースではたぶんシャガールの美術館の方が有名で、
そこもとても素敵なんだけど、前に見ていたので
今回はお庭のカフェだけお邪魔します。

とてものんびりできる素敵なカフェでした。

Img_0397
(サイズ ハガキ)


そしてマティス美術館♪
中の作品は意外と少なくて、それでも私的には大満足。
でもどちらかというと外観にやられました。

Img_0396
(サイズ ハガキ)

赤い壁、前にオレンジの木、この手前にはオリーブの庭。
実はここまでくるのにテキトーな感じの警察官に道を聞いたので
すごく大回りしてようやく辿りついたの。

でもこの景色見てすっかり元気になりました。
しかも隣接した庭園は人も少なくてのんびりしていて、
そしてなんとニース市内や地中海まで望めちゃうのです。

0672


しばらくぼーっと。ここは穴場だと思います。

2012年12月20日 (木)

ホテルでひきこもり

ニースでは4泊する予定。
計画では
1.大好きな画家・マティスの美術館に行く(ニース市内)
2.マティスの作った礼拝堂に行く(ニース市内からバスで1時間くらい)
3.ピカソのお城美術館に行く(アンティーブ。ニースから電車で20分くらい)
4.イタリア国境の町マントンに行く(ニースから電車で30分くらい)
5.ニースの旧市街散策。

この体調でこれを全部こなすのは無理と判断。
まず、体調を今日中に治すため、初日はホテルでとにかく寝ること決定。
それから4のマントンをあきらめることにしました。
だから食事もかたくなにルームサービスしたんです。

Img_0395
(サイズ ハガキ)

でも、この蓋!テンションあがりました!!
中身はクロックムッシュなのに。

2012年12月19日 (水)

シャルルドゴール~ニースへ

体調の悪さがピークになりそうだったので、
直前にパリ1泊をシャルル・ド・ゴール空港近くのホテルに変更。
空港直結でTGVの駅があるので、その後の移動が楽だから。

フラフラの中、お水買わなきゃと駅の売店で買ったら500mlでたしか3ユーロ?!

あれ?おかしいなと思いながらお水の値段が高騰してるのかと思い、
あまり何も考えたくなくて、そのまましかも2本も買ってしまった。
後にも先にもこんな高いお水はなかったわ(ノ_-。)騙された・・・。


翌朝。ニースまで約5時間の鉄道旅。TGVは快適でした。
途中のいかにもフランスの田舎という感じの景色もよかったし、
最高だったのは地中海!

TGVは地中海沿いはスピードもゆっくりになるの。
東海道新幹線が富士山見えるところをゆっくり走る感じ?

それがなければもっと早く着くと思うのだけど。
スピードだけじゃない考え方、とてもいいですよね。

001
(すみません、i-podのカバーが映ってます)

で、ニースに到着。
ニースは20年位前に一度来ているんだけど、
そういえばあのときも熱出したんだっけ。変な因縁。

Img_0394
(サイズ ハガキ)

ホテルの窓から。
弱った身体で弱った線・・・。
夕景は後から創作です。

2012年12月18日 (火)

出発~

咳はひどくなり、飛行機もずっとマスク。
熱も出てきてぐったり。
でも機内食出たら、癖(?)でスケッチしてました。

Img_0354
(ハガキサイズ)

窓側の席だったのに、絵に気付いたCAさんが
「きゃ~上手ですね~」って叫んだので
隣の男(イケメンではない)がびっくりして絵をチラ見。
でも何にも話しかけてこない(その辺もイケメンじゃないよねー)。

それどころか、次の機内食の時、
おもむろに一眼レフ出して機内食の撮影始めたりして!
かなり変わった負けず嫌い。

まあ、それに対して「写真やるんですか?」と聞いてあげない私も
大人げないですが・・・。


そうそう。今回の旅用に1冊買ったスケッチブック。
見た目が気に入って買いましたが、なんとFABRIANO製♪


001

はがきサイズで約50頁。
上の機内食もこれで描きました。

えっと3週間の旅だから1日2枚以上描いて完成・・・。
って、全部描けるかしら?

ちなみにスケッチブックはほかにSMとF4サイズ持参です。











2012年12月15日 (土)

フランス鉄道の旅

今年4月下旬から5月にかけて3週間(も!)フランス旅をしてきました。
随分日にちが経ってしまいましたが、
思い出しながら、スケッチも紹介していきます。

今回の旅の計画。
初めはウィーン~北イタリア~パリの鉄道の旅を考えていたんだけど、
なぜか急に思い直し
南仏中心のフランス鉄道の旅に変更しました。

狙った訳ではないけれど、偶然、印象派の巨匠の足跡をたどる旅になりました。
私も明るい光を必要としてたのかな?!

086


まずはスケジュールをざっと。
成田~パリ~ニース~アルル~アビニョン~エクス・アン・プロヴァンス
~ブリュッセル~パリ~成田。
Cocolog_oekaki_2012_11_21_21_45

(ピンク:鉄道、緑:バス)


飛行機とホテル、鉄道パス(フランスレイルパス)はネットで予約済み。
ホテルは最近ずっと使ってるbooking.com。
キャンセルもネットでOKだから
旅の途中で行先を自由に変更できるのが最大のメリット(^-^)

よし!準備万端・・・だけど変な咳が出始めた(つづく)






2012年12月12日 (水)

始めてみます♪

私にはブログは続けられないよな~と思って
ずっと見る側だったのですが
ようやく重い腰を上げます。

どうして今さら?

というのは、来年春から北京で暮らすので、
あちらでもちゃんとスケッチしてますよ~
というのを皆さんにお伝えしようと思って。

で、今からブログの練習?です。

日本にいる間は今年行ったフランス旅行の話や
最近のスケッチを中心に紹介しますね。

Img_0358
(サイズF0)

これは最新作“Shibuya City Lounge”。
最近お気に入りの赤ペンで。
赤ペンは少し温かい感じがしますよね。






トップページ | 2013年1月 »