« エクス☆サント・ヴィクトワール山 | トップページ | ちょっと北京へ »

2013年1月24日 (木)

フランス語☆

1782_2エクスの朝市


なんとなくフランス語って少し気取ってて上から目線で話されてる感じがあったのですが、
1週間くらいたってくるとその響きがとても心地よくなってきました。

「○○○マッダーム!」
全くマダムの雰囲気なしのわたしが言われるとこそばゆいですがそれにも慣れてきた。

語学は苦手なんですが、なんとか旅はできるもの。
今回はフランス旅なので、英語は大体通じるとはいえ
簡単なことはフランス語を使えるといいなと思いつつ難しいです。

今回のホテルのフロントももちろん英語が通じます。
そのフロントの男の子がすごく感じがよくて、とても忙しそうなんですが
外に出かけようとすると、わざわざ仕事の手を休めて

「タウンマップは持ってる?」(英語)
「ココとココがエクス・アン・プロヴァンスのお勧めですよ」(英語)

って聞いてないのにとても熱心に教えてくれたりして。
こんなに純粋に一生懸命仕事をしてる人、久しぶりに見た!
この子のおかげで気分よく外出することができました。

気分よく描いた1枚。

Img_0608
(サイズ SM) 

東京にもあるル・パン・コティディアン。
なにもここで入らなくてもいいのだけど、オープンカフェで気持ち良かったから。


描いてたら隣の外国人(アイルランド人)夫婦の旦那さんの方が話しかけてきて
ナイス!って絵をほめてくれました。
で、自分は建築家だからスケッチもよく描いてていつも絵の具も持ち歩いてるって
絵の具を見せてくれたり、セザンヌのアトリエはとてもいいから行ってくるといいよと
バス乗り場も教えてくれたりして。

今日はいい日だな~♪

ホテルが便利な場所にあるから、いったん休憩するためホテルに戻ります。
このホテルはルームカードキーに大きなアンティークなキーホルダーが付いていて
フロントに預けて出かけるんです。
気分がいいから、フロントの男の子にフランス語でルームナンバー伝えたら

「わー!どうしてフランス語できるの?他には?」(英語)

ってとても嬉しそうに言うから、もう一つ何か簡単なフランス語言ったら

「すごい、すごい!じゃあこれから僕は英語であなたはフランス語で話そう!」(英語)

ひゃーめんどくさいことになっちゃった~。でも可愛いから許そ。

« エクス☆サント・ヴィクトワール山 | トップページ | ちょっと北京へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス語☆:

« エクス☆サント・ヴィクトワール山 | トップページ | ちょっと北京へ »