« 20年ぶりのパリ☆ | トップページ | 今日はオルセーとオランジュリー »

2013年3月 1日 (金)

もしルーブルが東京にあったら

毎日通って、気に入った作品の前でボーっといろいろ想像しながら
タイムスリップしたりするんだろうな~。
想像しただけでワクワクしてしまう。
パリの人はそんな美術館が身近にあって羨ましい。

地図でルーブル美術館の場所見てみると、環状線のほぼ中心。
東京の地図を見てみると、首都高環状線のほぼ中心は秋葉原!
やっぱり東京には秋葉原にアニメ美術館かな。
私は全くアニメオタクではないけどそんなこと考えたりと妄想は続く・・・。
いや、旅日記。

Img_0424
(サイズ ハガキ)

パリには5泊。
一人旅との違いはスケジュールを割とちゃんと決めてること。
到着日は夕飯だけ。
ルーブルとオルセーをそれぞれ1日ずつ。
1日はモネの庭のあるジヴェルニーへ小旅行。
1日はお買いものデー。
最後の日は夜出発なので昼頃までスケッチなど。
もちろん全ての日にスケッチタイムはありますよ。

ルーブルは・・・本当に大きい!これ全部回るのは大変。
でも2人ともなんだか張り切ってほぼ全部回りました~。
しかも結構一つひとつ時間かけて。まあ最後はバテましたが。

Img_0410
(サイズ ハガキ)

ルーブルの中のカフェで描きました。
《モナ・リザ》の展示室からすぐ近くにあるカフェ。
軽食が袋にはいったサンドイッチしかなくて残念だったけど
天井画や彫刻は見事でした。

ちなみに上のガラスのピラミッドの絵は別の日にリシュリュー翼1階の柱廊内にある
カフェ・マルリーから描いたものです。

スケッチ仲間はこの後「模写してる人のスケッチ」してましたよ。
その間、私はイタリア絵画コーナーでうっとり~。

« 20年ぶりのパリ☆ | トップページ | 今日はオルセーとオランジュリー »

コメント

私の25年くらい前のヨーロッパ旅行。
コペンハーゲン経由ドイツのハンブルグからスタート。

オーストリヤ→スイス→フランス→イギリスとツアーの中で動き、
simoさんの旅日記で少し記憶を取り戻しています。

スケッチと共によい旅日記ありがとう!!
スケッチもsimoさんワールドで素敵です。

kayoさんへ

25年前のヨーロッパ旅行、思い出すだけでもワクワクしますね。
kayoさんが思い出してくれたおかげで、私も最初のヨーロッパ旅行を
思い出したりしてまたワクワクしてます。
私も最初は同じようにドイツから周遊するツアーでした。
でもオーストリアは回ってなくて、それ以降もまだ訪れてなくて
これから行きたい国の一つで~す。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もしルーブルが東京にあったら:

« 20年ぶりのパリ☆ | トップページ | 今日はオルセーとオランジュリー »