« 水墨画体験・その1 | トップページ | 北海公園 »

2013年10月12日 (土)

水墨画体験・その2

Img_1068
(サイズ F0)

絵はいただきものの大好物チョコレート♪
甘くないチョコとブラックコーヒーがあれば生きていける。

さて、水墨画体験。
水墨画を習いたいと言っておりますが
実はこれまで特に関心を持っていたわけではなく
あの筆と墨で描くのが難しそうだな~という
どちらかというと苦手なイメージを持っている感じ。

だから水墨画に写意画と工筆画があることを初めて知りました。
というかたぶん目にしていたけど特に気にしていなかった。

写意画はたぶん皆のイメージにもよくある
墨一色で例えば竹の枝を筆でグワッと勢いよく描いたり、
いわゆる山水画の世界みたいな。

それに対して工筆画は
細い筆でまず輪郭線を描き、その内側を彩色していくもの。

ん?これって私のやってるペンで描くスケッチの筆版??!


老師(先生)曰く「写生をたくさんして、その対象物をよく観察するのが大事」。

これも一緒!

彩色も何度も何度も乾かしては塗るのも一緒。
乾かすのを慌てるときはドライヤーを使うのも一緒~。

老師のクロッキー帳にはいろんな場所で描いた植物のスケッチがたくさんあって
教室では頭の中に入っているいろんな植物の葉っぱを描いてくれました。

美しい・・・。

まず細い筆で輪郭を描くのですが、その線がとっても綺麗。
色は、初めに葉っぱの内側だけを墨で薄く3回くらい塗って
その後全体に緑色を3回くらい塗ってました。

なんかこう凛とした美しさを感じました。
ペンよりももっと精神的なものが問われそうな。
いやいや、たぶんペンも同じなんだろうね。

さて、私。
書道の筆を持つのはたぶん小学生以来?
む、難しい・・・。

あっという間に1時間半が過ぎてました。

習ってみたい気持ちが増しました。
けど、ちょっとこのマンションが怖いのと思ったより随分授業料が高く
(語学学校の先生は「あの白いジャケット男がたくさん横取りするシステムだろう」と言ってました)、
ここに通うのはあきらめることにしました。

また探してみようかな。

« 水墨画体験・その1 | トップページ | 北海公園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水墨画体験・その2:

« 水墨画体験・その1 | トップページ | 北海公園 »