« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月27日 (金)

今年もあとわずか

来年はもう少し日中関係もよくなるのかな。

と思っていた矢先の昨日の参拝。
あ~あ、また遠のいちゃった・・・。

来年はスケッチ中に日本人かと聞かれても韓国人と答えようか。

さて、日本は明日からお休みで9連休という人も多いのかな?

中国はご存じのとおり旧正月の春節に長い休みがあって正月を祝うので
今は全く年末の慌ただしさみたいなのがありません。
年末のあの慌ただしさはいつも嫌なんだけどないとなんだか物足りない。

そんな中、今年のうちにもう1枚だけ色を塗って完成させておこうと思い
TVから繰り返し聞こえる「アンベイジンサン・・・」「アンベイ・・・」「アンベイジンサン・・・」を
BGMに(あ、ちなみにカタカナのは日本の総理大臣名です)
10月に描いた絵を塗りました。

Img_1267
(サイズ SM)北海公園

まだ2回塗りなので完成ではないけどね。
久しぶりの水面塗り。
昔、教室でもらった水面の塗り方をひっぱり出してきて塗りました。

たぶんこれ以上は今年は描かないと思うので
少し早いですが、皆さまよいお年を~!

2013年12月24日 (火)

聖誕節快楽☆

メリークリスマス☆

今日はクリスマスイブ=平安夜(聖誕節前夜)。ちなみにサンタクロースは聖誕老人。

クリスマスイブでも変わらず朝から400近いPM2.5。
変わるわけないか。


Img_1264
(サイズ SM) 赤ペン


絵はケンピンスキーホテル(北京)のロビーにて。
待ち合わせの時間までの間にさらっと。

こちらのツリーは足元(根元?)にプレゼントの箱を飾るのが流行のようです。

2013年12月20日 (金)

COLIBRI☆三里屯

海苔を買うためにバスに乗って買い物に行った。

ここのところ若干疲れ気味。

たぶんたかが海苔を買うのにバスに乗っていかないと買えない、
美味しそうな魚が売ってない、
パンツのゴムがどこにも売ってない・・・
といった小さなストレスの積み重ねなのか?

こういった海外生活でのストレスとうまく付き合う方法。
プロ野球選手のラミちゃんことラミレスが言ってたのを思い出します。

「外国人が異国で暮らすには『仕方がない』と思うこと」。

う~ん。深い。だからあんなに素敵なラミちゃんだったのね。
(ん?そういえばラミちゃんはDeNAからどこへ行ったの?)


ちなみに買い物は三里屯にあるイトーヨーカ堂(世茂百貨B1)で。
パンツのゴムもありました~。

で、ついでにカフェスケッチ。

Img_1262
(サイズ SM) 赤ペン

場所は三里屯ビレッジ北区にある「COLIBRI」。
フランス人シェフの店らしく、このカップケーキ美味しかった。

外国人率高く、後姿の女性もその奥の人たちも外国人。
あ、ここでは私も外国人か。


Img_1258

三里屯ビレッジの建物の設計は隈研吾さんでした。
ビレッジ南区(以前紹介したユニクロなんかが入ってるところ)は暖色系で
こちら北区は寒色系のカラー。
寒色系の方が好きだなー。



2013年12月14日 (土)

COSTAカフェで絵画教室?

もう北京は夕方には氷点下。
顔が冷たくてまるでスキー場のような寒さ。

そんなある日、近所のスーパーへ行った帰り道、いつもと違うルートで帰ってみたら
「COSTA COFFEE」というカフェで不思議な光景を発見。

Img_1254

アップにすると・・・

Img_1254_2

絵画教室やってたんです~。

COSTA COFFEEというのはスタバについで
北京でよく見かけるカフェ。ドトールに少し似てる感じ。
その中の一角に総勢20名くらいの絵画集団。

たぶんアクリルだと思うんだけど
みんなが同じ絵を描いてました。
スマホの画面を覗きこみながら一心不乱に筆を走らす集団。

私のやってるペンスケッチの教室は
みんな好きなところで好きなものを描くので
みんなが同じものを描いているのが逆に新鮮だったりして。

それにどんなジャンルでも絵を描いてるのを見ると興奮!

Img_1255
(サイズ F0)

一応持ってたF0スケッチブックとペン1本(えらいっ!)
で、絵画集団をスケッチ。

嬉しいことにカプチーノがクリスマスツリー模様でした☆
スタバより少し地味だけど
こんな素敵な模様描いてくれるし、絵画教室やってるCOSTAに1票。






2013年12月13日 (金)

12月13日は

76年前に南京大虐殺が行われた日。
朝からこちらのテレビでは繰り返しその当時の衝撃的な映像などを流しています。

北京にきてしばらく立った日、和菓子屋をやっていた祖父の夢を見ました。
何も語らず黙々とお饅頭を作っている祖父の夢。

その祖父は戦時中、3度戦争に行った人で
でも当時の話はしたくないようで母もほとんど聞いていないのですが、
唯一祖父が言っていたことで覚えているのが
戦地で祖父が思ったという
「そんなひどいことまでしなくていいのに」
という言葉。

だからたぶん本当にひどいことが行われたんだろうなと思うと同時に
二度とこういうことは起こしてはいけないと強く思うのでした。


絵はバスの中での人物練習。

Img_1248
(サイズ SM)

北京のバスには運転手の他に一人乗務員がいます。
チケット売ったり案内放送したり。
結構距離が近いスケッチなので怒られないか少し緊張~。

2013年12月10日 (火)

胡同のカフェのつもりが・・・

最近そういえば中国らしいところを描いてないなーと思いつつ
空気の悪さと自分も少し貧血ぎみだったのもあってなかなか描きに行ってませんでした。

でも昨日は久しぶりに空気もよく、好きな胡同(北京市の旧城内を中心に点在する細い路地のこと)
のカフェでも行ってスケッチしよう。

Img_1231


Img_1225

と出かけたものの、北京の寒さを甘く見てました。

特に空気が良い日=風が強い日というのもあって
東京の12月の感覚で出かけたらもう寒くて寒くて、
たぶん東京の一番寒い時期の恰好で既にいい感じ。

急遽予定変更。
ヒートテックを買いに三里屯のユニクロへ。
そしてヒートテックのパンツを買い、裾直しの待ち時間にカフェへ。

見つけたのはユニクロと同じ三里屯VILLAGEにある「THE WOOD HOUSE」。
ギラギライケイケな感じのある三里屯の雰囲気とは少し違って落ち着いた感じ。

そして嬉しいことにお洒落な中国男子がたくさん。
隣にアートや外国関係の書籍が充実している本屋さんがあるからかな。

Img_1238
(サイズ SM) 右側の男が東野幸治になってしまった・・・


結局当初の目的、中国らしいところが全~くない絵を描くことに。
カフェもそうだけど少しこぎれいだと中国人は日本人と見た目変わらないし。
さすが中国だからかみんな珈琲ではなく紅茶でしたけど。

見た目が変わらない日本人と中国人。
かなり文化や性格は違うけれど、仲良くできればいいもんです。

2013年12月 4日 (水)

illy@芳草地

あっという 間に12月。

Img_1177

この前こんなに黄色かった木が

Img_1219

こんな感じになっちゃいました~。

でもここ何日かは暖かい日が続いてます。


さて以前一度紹介したお気に入りのカフェの入った「芳草地」。
すっかり建物の中もクリスマスになっていました。

Img_1218

これは2階にあるillyカフェから地下2階を見下ろした図です。
地下2階から地上2階の大きな吹き抜けになっているので
解放感抜群!(写真が下手なので伝わらないけど・・・)


クリスマス用に1枚描き始めたけど的が絞り切れず
描きながらいまいちかな~と思った1枚。
でも塗ってみましょうと、とりあえず1回塗りです。

Img_1221
(サイズ F3)

まだ赤色が入ってないからクリスマスになってないよね。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »