« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月24日 (水)

メリークリスマス☆

Img_2016
(サイズ F3) 

気がつけばクリスマスイブ。ご無沙汰になってました。

今年はなぜかクリスマスツリーをたくさん描きたくて
あちこち(といっても近場が多いけど)さまよっているうち
色塗りが間に合わなくなってしまいました。

Img_2014

これが上の絵のドイツ系ホテルの北京「ケンピンスキー」のロビー。
クリスマスってやっぱりドイツが素敵なイメージがあります。

Img_2010_2

これは「ケリーホテル」のロビー。
よく見ると、飾りがフライパンやおろし金など調理器具です。
奥側はワインボトル。

Img_2015
(サイズ F4)

面白いと思って描いてみたけど絵にするといまいちでした。
しかもまだ色塗り途中のアップごめんなさい。

あとは少しだけ写真で。

Img_2009

「世貿天階」はちょっと地味。だけどたぶん夜は華やかだと思います。

Img_2006

「芳草地」は星の王子様でした。

さすがにクリスマス飾りが中華風っていうのはないかな?

ではみなさま素敵なクリスマスを☆





2014年12月11日 (木)

クリスマスツリーとカフェ

こんにちは。ようやく風邪が抜けた感じ。
で久々に近場でスケッチ。
スケッチできる喜びをかみしめながら
って風邪ごとき大げさですが。

Img_1989

なかなか気に入るようなツリーがない北京です。
これは北京で一番高いビル国貿三期1階のクリスマスツリー。
外資系のオフィスなども入っているので人の出入りが激しいですが、
コーナーにカフェスペースがあるのでそこからスケッチ。

Img_1991
(サイズ SM) まだ1回塗り途中です

カラフルなマシュマロが乗ったマフィンも可愛かったので。
カフェコーナーだから紙皿っていうのが残念でした。

同じカフェ「SWEET SPOT」は国貿モールに何箇所かあって、
3週間ほど前に別の所でもそういえば描いてました。

Img_1938
(サイズ F3) 

紫の絵具が切れてしまい、混ぜてつくったら微妙な色になって
気分が盛り上がらないまま色を塗り始め、
影とテーブル、いすだけ塗っておしまいにしてました。

こちらの店は紙皿ではなかったです。
お皿が落っこちそうで危なっかしい絵ですね~。

2014年12月 9日 (火)

茶館と太極拳博物館

また少し久しぶりの更新です。
夜10時現在マイナス4℃の北京です。
日本も寒いみたいですね。みなさん風邪ひいてませんか?

私はまた風邪をひいてしまった。
治ったと思ったらまた咳が。どうやら乾燥が原因のような気がする。
全然雨の降らない北京。この時期は暖房も入りますます乾燥がすごい。

スケッチ行きたいのに風邪ひいていけないもったいない日々です。
なので今日はスケッチ紹介はなしで
風邪を引く前に出かけた中国ならではの2か所をご紹介します。

Img_1973_2

一つはこちらの茶館「露雨軒茶楼(牡丹園店)」。

Img_1971

こんな廊下の両脇には

Img_1963_2

こんな個室があったりして(個室じゃない席もありますよ)。
オーナーの趣味で仏教美術と骨董家具が充実した店内です。

ここはランチタイムに行くとお茶の値段でお弁当がついてくる
まるで名古屋のモーニングのようなシステム。
といっても、お茶1ポットだから値段は少し高いですが。
お茶菓子も取り放題でした~。


もう一つは太極拳の博物館。
今習っている先生の師匠(故人)の博物館です。
先生が私を含む生徒3人を連れていってくれました。

博物館といっても来年5月に完成するらしくまだ準備中。

Img_3164

北京郊外にある博物館。この日は空気もよく最高!

Img_3162

山も近くてとても気持ちのいいところです。

Img_3167

陰陽の上でポーズをとるお茶目な先生。
以前も書きましたがこの先生が来月から日本に移住します。

先生の後を引きうけて私たちに教えてくれるのが
博物館にもなるくらい有名な師匠の娘さん。
この日初めて会いましたがとても温かそうな素敵な人でした。

Img_3180

この日はとても寒かったけどあまりに天気がよかったので
博物館から西へ20kmくらいのところにある
世界遺産「明十三陵」にも連れて行ってもらいました。

その名のとおり明代の皇帝のお墓が集まっている所。
中国の世界遺産はこれでもかっていうくらい大きい。

そして帰りの車の中で話していたら
あれ?声が変。ハスキーな声になってる。

その晩から咳が続いております。
皆さんも風邪ひかないようにね☆

















« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »