« お餅 | トップページ | 春節準備 »

2015年1月16日 (金)

雲南料理

今日はもうすぐ北京を離れる友人のリクエストで
雲南料理を食べに行きました。

Img_2032

胡同の中にあるお店の名前は「大里院子」。
この汚いドアの中にお店があります。
昔ながらの四合院(四つの面に家屋があって真ん中に中庭がある家屋)を
お店に改築したところです。
(すみません、中庭写真撮り忘れました・・・。)

Img_2029

Img_2030

料理はハーブがふんだんに使われていてどれも美味しい。
雲南料理は辛い物も多いらしいけど、ここは抑え気味で食べやすかったです。


さて、話は変わって前回お話した試験。
無事終わりましたー。
なんだかもったいつけてしまったようですが
これです。わかるかな?

Img_2034
(サイズ SM)

中国茶の茶芸師試験(初級)なんです。
茶芸師っていうとアクロバティックな肩の上からお茶を淹れるみたいなものを
想像する人もいるかも?しれませんが、
中国茶の基本の基本や烏龍茶を入れるお点前の試験です。

以前習っていた中医学の先生が中国茶も教えていたので習い始め、
資格は特に要らないと思っていたのですが、
まあせっかくなので試験も受けてみたのです。

上の絵はいつもお点前の見本を見せてくれる講師の方を
動画で撮らせてもらっていたものを家で描いたもの。

試験は筆記とお点前の2つなんですが、
このお点前の試験が、みんなの前でやらなくてはいけないのと
中国語で一つ一つの動作を言いながらやらないといけないので
もう緊張して手がプルプル震えて大変でした~。
そのうちプルプル震える自分に笑えてきて段々落ち着きましたが。

まだ正式な結果はわからないですが
先生が「皆さん合格ですね~」と言っていたし
今まで合格しなかった人はいない試験なので大丈夫。かな?




« お餅 | トップページ | 春節準備 »

コメント

中国って食べ物屋さん怪しそうで結構おいしいそうですね^^。

茶芸なんてものがあるんですね^^。
テーブルマナーの様なものなのかな~?
とりあえずお疲れ様^^。

オズさんへ

こんにちは(^^)
このお店は日本でいう古民家カフェlのようで中はオシャレでした(^O^)

茶芸師は中国の茶館で働くための資格らしく、
中国茶のいろんな種類を飲んだり、
入れ方の手順を覚えたりはしました。
記憶力なく、あっと言う間に忘れてしまう自分が嫌だわ(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲南料理:

« お餅 | トップページ | 春節準備 »