« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月27日 (月)

東四四条

Img_2337

北京で一番面白いと思うのが胡同という話は何回かしてると思うのだけど、
改めて胡同って何?をWikipediaより。

「主に北京市の旧城内を中心に点在する細い路地のこと。元統治時代の名残。
元の頃の規定では、幅二十四歩(約37.2m)を「大街」、十二歩(約18.6m)を「小街」、六歩(約9.3m)を「胡同」としている」

らしい。
そのほかにも条と名のつく道もあって何かなと思ったら

「旧城外の路地は「街」「巷」「条」という名が多い」

らしいです。

条といえば東四十条という駅があって、ずっと東の四十条だと思っていたけど、
実は東四(という駅もあるのだけど)から東四十四条まで14本の道があって、
東四十条は東四の10番目の道ということを最近知りました。

Img_2338

その条の1つ、東四四条で見つけた興味深い建物。
すっかり朽ち果てているのだけど、
面の看板が新しいので覗いたらちゃんと営業してました。

Img_2383

左扉の奥には別の建物があっておばあちゃんが暮らしている様子。
建物自体は登録文化財的なものに指定されているようです。

Img_2394
(サイズ SM) まだ塗り始めたところです


わー描きたい!と思い、スケッチブックを取り出したら
スケッチブックの中にはもう描き終わった紙が1枚だけ。

でもこの気持ちを大事にしようとその裏に描きました!















2015年4月20日 (月)

北京のロシア人街

Img_2207

日壇公園近くに雅宝路というロシア人街があります。
英語じゃない文字がその一角だけ溢れていて面白い。

売ってるものも毛皮がほとんどで、
歩いている人もロシア人率がかなり高いです。

Img_2359
(サイズ SM) もう少し色塗りします。

北京には街中に三輪車を見かけますが、
特にこのロシア人街には三輪車が多いような気がします。
三輪車に書かれている文字もロシア語です。

休憩中の運転手さんの目を盗んでこっそり描きました。

まだ寒い時期だったから木が枯れ枯れです。

2015年4月13日 (月)

彩珈琲@鋳鐘胡同

少しご無沙汰です。

この1年の間で北京にも随分とお洒落なカフェが増えたような気がします。
特に胡同の中にある古い建物の中を改築したカフェは素敵で、
とっても空間の使い方がうまいような気がします。
日本を参考にしているのかどうかはわからないけど、なんとなく吉祥寺っぽい感じ。

今回行ったのは、観光地の一つ什刹海や鼓楼の近くの「彩珈琲」。
日本人向けのフリーペーパーにも載っていて以前から気になってました。

Img_2328_2
(サイズ F4)とりあえず影だけ塗り

ここは胡同の中にひっそりとあって、最初は通り過ぎちゃったくらい。
でもその胡同に埋もれている感じもとても素敵です。
絵の一番手前がカフェです。

可愛らしい表札。

Img_2291

下が切れてしまったけど
「心を込めて営業中」と日本語で書かれてました。
日本人経営なのかな?

中はこんな感じ。

Img_2294

天窓からの光が気持ちいい。
花屋も一緒にやっているようです。

Img_2270_2

Img_2293


パンケーキがあったので思わず注文!
薄いタイプで蜂蜜が最初からかけてありました。

Img_2329
(サイズ SM)

パンケーキに喜び過ぎの構図?!







2015年4月 1日 (水)

もう四月

いよいよカウントダウンが始まった感じです。
予定通りなら本帰国まであと半年。
まだスケッチしてないところが山ほどあるよ~。


Img_2239
(サイズ SM)

これは日壇公園の中でみつけた赤い扉と赤い塀。
微妙に色が違う赤です。
空の青と雲はもちろん?想像です。
PM2.5対応のマスクしながらのスケッチ。

Img_2240
(サイズ SM)

こちらも同じ公園内でみつけた屋根飾り。
ちょっとアップにし過ぎたかな。

おまけ。
公園内のパンダ。

Img_2213

Img_2211

顔が怖い・・・。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »