フランス旅スケッチ

2013年4月18日 (木)

フランス鉄道旅☆おしまい

気がつけば4月も半分以上過ぎ、
去年の今頃はフランス旅の準備をしていたな~
なんて思う余裕なく、引越準備に追われる毎日・・・。
いつものことながら夏休みの宿題状態。

でもなんとかフランス旅ブログは今日で終われそう。


Img_0428
(サイズ ハガキ)

ファブリアーノブックタイプのスケッチブックも残りわずか。
空港でもスケッチスケッチ。


Img_0429
(サイズ ハガキ)

飛行機の中でもお決まりの機内食スケッチ。

・・・でもやっぱり最後までいかなかった~~。

Img_0459

残りの頁は今回の旅の思い出・鉄道パスを貼り付けて終わり~。


さて、体調悪い中始まった今回のフランス鉄道旅。

初めてフランスに行ってから約20年。
そのあとイタリアやスペインに恋をし、アメリカにも浮気した。
でも今回の旅で、フランスの奥深さをしみじみ感じ、
年を重ねて再び恋をしちゃいました。

さて私は中国に恋することはできるのか?
次回からは長旅中国編で!
(出発前にもう一度更新できるかな?)


2013年4月10日 (水)

パサージュ

さていよいよパリ最終日。

出発時間までホテル前の通り沿いにあった小さなパサージュ
(パサージュ・ドフィーヌ)でランチしながらスケッチをすることにしました。
※パサージュとは19世紀以降のパリにみられる、ガラスのアーケードのついた歩行者専用の商店街のこと(by wiki)

ここはパサージュといっても、アーケード付きのパサージュではなくて
ただの抜け道みたいなところなんだけど、逆に空が見えてとても気持ちのいい場所。
のんびりスケッチできました。

Img_0431
(サイズ SM)サロン・ド・テにて

斜め前に座っていたパリのマダムたち。
奥のマダムに絵を描いてたのバレバレだったみたいで。

帰るときに「絵を見せて」って言われて
おそるおそる「これあなた」って指さすと
「あら、まあ、やだわん。オホホホホッ」って感じで
私の肩をポンッと優しく叩いて
もう一人のマダムにも「あなたも見てみなさいよ」って。
そのマダムもニッコリ優しく微笑んでくれました。

ありがとう。素敵なマダムたち☆



Img_0426
(サイズ ハガキ)

食べたのはキッシュ。
一人ずつランチョンマットの色が違ってて
紫とピンクの色がとても綺麗でした。


Img_0427
(サイズ ハガキ)

もう行かなくちゃいけない時間ぎりぎりで描いた
パサージュの入口です。


さて、今週末は引越第一弾の船便の荷出しです。
居間には「船便」「航空便」「トランクルーム」「スーツケース」
行きに分けた大きな段ボール箱を置いて子供でも分けられるようにしたら、
夫も進んで仕分けするようになりました。成功!

2013年4月 4日 (木)

オープンカフェで朝食

あ~ん、もう4月。準備がなかなかはかどらない。
普通の引越は結局は段ボールに全部詰めてよし!って感じだけど、
今回は船便と航空便とトランクルームに分けないといけないし、
それぞれ中身の品名や個数、値段を書いたりしないといけなかったりで面倒くさ~い。

旅ブログはなんとか北京に行く前に終えられそうです。
もうしばらくお付き合いください。


Img_0425
(サイズ ハガキ)

やっぱりヨーロッパはオープンカフェが気持ちいい。
朝からゆっくり朝食です。
ささっと上の絵描いてから、気分が良くなってもう一枚。


Img_0432
(サイズ SM)

ちょっと建物傾いてるけど・・・。
あと残念なのは、パリならもっとお洒落な人描けばいいのにね。
でもお店の男の子が褒めてくれたから良しとしましょ。

ちなみに両方とも同じ青ペンで、上が軽く色塗り、下は紫1色塗り。
ずいぶん雰囲気変わりますよね。




2013年3月29日 (金)

パリのトイレ事情

私はトイレに行く間隔がとても長い。
だから旅をしているときはとてもありがたいのです。
今回パリで合流した仲間はその逆だったので
パリのトイレマップのようなものを作ってきてました。

2722_2

「この辺りにはこの公園の中にトイレがある」という感じ。
その日もボンマルシェでお買い物する前に
ちょうどその隣の公園にトイレがあるということで
使用中のトイレの前で待ってました。

そしたらちょっと怪しそうなおじさんがジロジロこっち見てて
「え?このおじさんトイレに入ったところを襲おうとしてる?」
と少し警戒していたら、トイレが空く前に近づいてきた~!

「○△×※・・・」(フランス語)

どうやら彼はここのトイレより隣のボンマルシェデパートの中の
トイレに行った方がいいと教えてくれているようなのです。
半信半疑でボンマルシェに行ってみると確かに綺麗だし
安心感もあって公園のトイレに入るより良かったの。

おじさん、疑ってごめんね。
ということで、トイレが近い方、参考にしてみてね。

Img_0422
(サイズ ハガキ)

ルーブル美術館・リシュリュー翼1階の柱廊内にあるカフェ・マルリーで。

Img_0423_2
(サイズ はがき)

そこで食べたオムレツ。
ここは少しお値段高めだけど、とてものんびりできるし、
ピラミッドが目の前に見えてお勧めです。
お店はルーブル美術館の外から入れます。

3081

2013年3月25日 (月)

パリで人物練習

ここで少し休憩。
さらっと人物の練習~。

Img_0630
(サイズ ハガキ)

ルーブル美術館のカフェでお隣のマダムを。

Img_0622
(サイズ ハガキ)

お次はオープンカフェでファッションの色が
気になった人たち。

Img_0415
(サイズ ハガキ)

ラストはエッフェル塔の隣の公園でくつろぐ人たち。
今日はブログもさらっと終了~。

2013年3月21日 (木)

油断禁物~

ジヴェルニーはモネの庭だけじゃなくて
村全体がとても美しくてのんびりしたところです。
我々もお庭が素敵なオープンカフェでランチです。

Img_0627
(サイズ ハガキ)

あまりお庭の素敵さが伝わってきませんが・・・。


Img_0417

(サイズ ハガキ)

で、チキンとポテトを食べながら
すご~く気持ち良くてサイクリング疲れも癒され、
ゆっくりまったり過ごしました。

でも帰りの電車の時刻などを考えるとそろそろ
行かなきゃということで名残惜しいけどお会計へ。
会計は屋内だったのでそちらへ移動して
お支払しようとしたら・・・ない~!カバンがないわ。

あまりにのんびりしすぎて席に置いてきてしまった。
ちゃんとまだありましたけど~。
周りの人も悪人はいなさそうなところだから良かったわ。

旅ってこういう一瞬気がゆるんだときに結構ポカやるんだよね。
それくらいのんびりとした素敵なジヴェルニー村でした☆


2013年3月18日 (月)

モネの庭へサイクリング♪

WBC侍ジャパン負けちゃいました(;_;)
でも若い選手たちにはきっといい経験になったでしょう。
今回WBC不参加なんて話もあったけど、やっぱりWBCはいい!
・・・さて旅日記。


Dscf12331 3022

VERNON駅からジヴェルニーへは約5km。バスかタクシーでもいいけど
仲間が調べていてくれた駅前のレンタサイクルでサイクリング♪

♪って楽しそうに書いてるけど、行きは大変だったのです。
借りた自転車の調子が悪くて、とても一生懸命こがないといけないのと、
車道の方を走っていたので車ビュンビュンきて気を付けないといけないし。
これはトレーニングでしたね~。

でも帰りはサイクリングロード(写真右)をみつけてようやく景色を楽しめました♪
とても景色がいいのでサイクリングおすすめです。
ただし自転車選びとサイクリングロードを間違えないこと!

2811 2871_3

モネの庭は花の色の配色がよく考えられているのかとっても綺麗です。
そして睡蓮の池。
やはりここではモネをまねてスケッチしたいけど。観光客がいっぱいで
とてもできそうもない。と思ったらちょうどベンチが空いたではないですか。
描けということですね。

Img_0420
(サイズ はがき)

本当は左側もあるけど、端っこに変な兄ちゃん入れちゃったので
ここではカットで~す。

2013年3月16日 (土)

ジヴェルニーに行くはずが・・・?!

天気のよさそうな日を選んでモネの庭のある“ジヴェルニー”へ。
パリから電車で約50分と書いてあった。
この「50分」があとで響くとは?!

電車の乗り方にも随分慣れ、私はフランスレイルパスで、仲間は切符を購入し
電車も間違えずに乗りました。
あとはVERNON駅で降りるだけ。

前の晩の夜更かしがきいて二人とも眠気がピーク。
仲間がしっかり目覚ましアラームを40分後にセットしてくれたので安心。
途端にぐっ~すり(ほんとは海外の電車でこんなにぐっすり寝ちゃだめ。
スリのいいカモになっちゃいます)

で、アラーム。あと10分くらいか~と思って起きたときにある駅に到着。
あら、この駅も結構人が降りるのね~。ふ~ん。
と、仲間。「あ!この駅じゃない?」
まだ眠気眼のわたし「え~まだじゃな~い?」「そうだよね~」「でも・・・」
とやり取りしてるうちにプッシュー。ドア閉まり。
はい、見事に駅は「VERNON」でしたーー。

2772

これはその次の駅。VERNON駅からはそんなに行かなくてもいいじゃない~
というくらいかなり行きました。
降りたはいいけど、逆向きの電車がまったく来る気配なし。
人もいない・・・。ポツーン。

でもなんだかワクワクするのはなぜ?これぞ旅の醍醐味だから?
それに周りを見ると絵に描いたような田舎町。
電車が来るまで時間はたっぷりありそうだから絵でも描きましょう。

Img_0416
(サイズ ハガキ×2)

楽しんでるつもりがやはり線は正直者なのか
少し不安げな弱々しい線かしら?

結局電車が来るまで2時間待ちました。
せっかく早起きしたのにね。
でもとてものんびりした素敵な田舎町でした。

下の写真は目的地・ジヴェルニーのモネの庭。



2782

2013年3月12日 (火)

パリの朝食とイケメン風♪

先日のWBC・台湾戦は手に汗握るすごい試合でした。
選手のただ勝ちたい!という気持ちが伝わってきて
最後には9回2アウトからの盗塁、同点、そして10回逆転!
ひさびさに興奮がおさまらないゲーム見せてもらいました。
どうしてもこれだけ言っておかないと旅日記に入れないのです。


Img_0414
(サイズ ハガキ)

パリ滞在3日目の朝(だったかな?)、
ホテル近くの路地にある老舗のカフェで朝食。
パリといえばこのブリオッシュも有名。
少し肌寒い中オープンカフェで気分いいですね。

Img_0413_2
(サイズ ハガキ)

そのカフェから見えたイケメン風男の子。
なにげない恰好なんだけど素敵でした☆

この旅用に買ったファブリアーノ・ヴェネチアブックのページが
まだまだ残ってるのでしばらくハガキサイズの絵が続きます。
描き始めたときによくばって表裏に描いていたら
全然間に合わなくなっちゃった。
ご利用は計画的に?!

2013年3月 6日 (水)

今日はオルセーとオランジュリー

北京行きまで2か月きってしまい、やることいろいろ・・・。
旅日記もラストスパート!

Img_0618

(サイズ はがき)

ルーブルに続き、翌日は改装後まもないオルセー美術館へ。
20年前にきたときは、ゴッホの展示室に圧倒された記憶があるけど、
今回は普段そんなに意識していないルノアールがよかった。
絵って見るときによって自分の心に入ってくるものが違ったりします。

オルセーのあとにオランジュリー美術館に行ったのですが、
普段なんとも思わないモネにもやられました。
ここ、壁一面ぐるっとモネの睡蓮(←大きいです)が飾られた部屋があります。
長い時間ベンチに座って今まで味わったことのない不思議な心地いい時間でした。


そういえば、パリミュージアムパス(パリの美術館や観光施設に
並ばずに入れたりするチケット)の2日券を買ったのですが、
じっくり見たい派には「買いじゃない」かも。
ルーブル・オルセーともに展示数が多いし、
朝一番に行けばそんなに並ばなくても入れますよ。

上の絵はオルセー美術館内のカフェで。
エクレアがとっても大きかったので・・・。