北京☆食事

2015年2月22日 (日)

ウイグル料理

Img_2123
(サイズ SM) ウイグル料理店にて


春節で多くのお店が休みの中、
大好きなウイグル料理屋は開いてました。

中国に来て一番ハマっているウイグル料理。
羊肉を使った炊き込みご飯や麺類、羊肉の串など美味しい。

Img_2041

よく行く日壇公園近くのこの店は
お客も漢族が少なくてウイグル人が多かったりします。

週一でも飽きない感じだったのに、
日本に帰省した後に来たら急に少し飽きてしまった。
日本で和食を食べ過ぎたせいか・・・。
やっぱり日本人には和食なのかな。

おまけ・・・
春節恒例の爆竹。

Img_2114

家からは建物の陰になって端っこだけで伝わりにくいけど、
家の前の道路で打ち上げ花火をやってる感じ。

Img_2118

終わった翌日の地面です。


Img_2120

これはホテルの前の春節の飾りです。
豚の丸焼きが中央にありましたよ。

24日まで春節休みで静かな北京の街です。





2015年1月16日 (金)

雲南料理

今日はもうすぐ北京を離れる友人のリクエストで
雲南料理を食べに行きました。

Img_2032

胡同の中にあるお店の名前は「大里院子」。
この汚いドアの中にお店があります。
昔ながらの四合院(四つの面に家屋があって真ん中に中庭がある家屋)を
お店に改築したところです。
(すみません、中庭写真撮り忘れました・・・。)

Img_2029

Img_2030

料理はハーブがふんだんに使われていてどれも美味しい。
雲南料理は辛い物も多いらしいけど、ここは抑え気味で食べやすかったです。


さて、話は変わって前回お話した試験。
無事終わりましたー。
なんだかもったいつけてしまったようですが
これです。わかるかな?

Img_2034
(サイズ SM)

中国茶の茶芸師試験(初級)なんです。
茶芸師っていうとアクロバティックな肩の上からお茶を淹れるみたいなものを
想像する人もいるかも?しれませんが、
中国茶の基本の基本や烏龍茶を入れるお点前の試験です。

以前習っていた中医学の先生が中国茶も教えていたので習い始め、
資格は特に要らないと思っていたのですが、
まあせっかくなので試験も受けてみたのです。

上の絵はいつもお点前の見本を見せてくれる講師の方を
動画で撮らせてもらっていたものを家で描いたもの。

試験は筆記とお点前の2つなんですが、
このお点前の試験が、みんなの前でやらなくてはいけないのと
中国語で一つ一つの動作を言いながらやらないといけないので
もう緊張して手がプルプル震えて大変でした~。
そのうちプルプル震える自分に笑えてきて段々落ち着きましたが。

まだ正式な結果はわからないですが
先生が「皆さん合格ですね~」と言っていたし
今まで合格しなかった人はいない試験なので大丈夫。かな?




2014年6月21日 (土)

見かけによらず

いや~やっぱりサッカーW杯はどの試合も興奮しますね。
ここ中国でもW杯をテレビで観戦中に心臓発作などで死亡した人もいるとか。

W杯を観た後大リーグを観て落ち着きを取り戻すこの頃です。
イチローがここのところずっと試合に出てるのも実は嬉しい。


さて、よく散歩に行く日壇公園の外周にあるドイツ料理のお店「Schindler’s」。

Img_1539

ドイツビールとソーセージが美味しい!
後日このお店を描きたいなと思い再訪しました。

まだ開店前の夕方、お店の前で描き始めると
まもなく一人のモヒカン頭の男が声をかけてきました。
ちょっとチャライ?感じに見えたので少し警戒。

が、意外にも彼の話し方はとても穏やか。
絵にとても関心がある感じ。
するとまもなく彼がなんとこのお店から椅子を1つ持ってきてくれました!

どうやらこのお店の店主らしく
しばらくすると今度はレモン入りのお水まで出してくれました~。感激。
スケッチしてるとたまにこういう出会いがあるのが嬉しいですね。

Img_1563
(サイズ F3)

描きあがった絵を見せると、絵と一緒に私も記念撮影。
色を塗ったらポストカードにして渡しに行こうっと。

2014年6月12日 (木)

北京に戻りました

ご無沙汰しております。
3週間ぶりに北京に戻ってまいりました。

「うわ~、やっぱり空気悪っ」
と思うはずが、期待を裏切る(?)青空の北京です。

Img_1528

そして暑い~。
日本も暑かったけど北京はまさしくもう夏です。

スケッチャーの敵=暑さ。

でもうまく涼しい所みつけてスケッチしなきゃ。
ボヤボヤしてるとまたすぐ1年経ってしまいますよね。
と言いつつ、今日も暑さに負けて帰ってきてしまった・・・。


昨年の今頃は結構気合い入れてスケッチしてたみたいで
アップしていないスケッチをいくつかみつけたので
今日はそれをアップします。

Img_1532
(サイズ SM)

トルコ料理屋「Turkish Mum」(三里屯近く)のオープンテラスにて。

北京ではトルコ料理や中東料理が手軽に食べられるお店がいくつかあります。
シルクロードつながり??

朝晩は涼しいこの季節、オープンテラスでビールがやっぱり気持ちいい~。

2013年10月31日 (木)

新疆ウイグル料理

Img_1146
(サイズ SM)

これは9月に行った新疆ウイグル料理のレストラン。
音楽やベリーダンスのショーも観られます。

北京にいて一番ハマってるのが新疆料理の羊の串。
香辛料がきいててうま~い!


ところで新疆ウイグルというとちょうど天安門で事件があったし
怖いイメージがあるかもしれないけど、
去年10月に旅行をした印象ではとても素朴な優しい民族な感じがしました。

一つのエピソード。

カシュガル(新疆ウイグル自治区の最西の都市)の街中の銀行ATMで、
一人のウイグル人のおじいちゃんがATMのやり方がわからなくて困っていました。
(実はウイグル文字の説明がなく中国語と英語なのが問題なのですが・・・)

そしたら後ろの女性が
「おじいちゃん、いくらおろしたいの?」「暗証番号は?」
と聞きながらATMを操作してあげるのです。

その後ろで見ていた私たちは
「あれまー暗証番号まで教えて大丈夫か~?」
「盗まれちゃうんじゃないの~。」
とその女性を怪しい目で見てました。他にも若い男の子も2~3人いたしね。

でも、何事もなく、最後におじいちゃんは残高確認までしてもらって
お礼を言って銀行をあとにしました。
心配だからしばらくおじいちゃんを見てたけど、何か起きるわけではなく、
女性も他の男の子たちも自分の用事をすませるだけ。

なんとものどかな光景でした。

本当はもう少し書きたいこともあるけど
ブログ更新できなくなったりすると嫌だから書きません。
まあ大丈夫だと思うけど念のためね。

さて日本シリーズは2勝2敗。どうなるでしょうね。
そして上原。現在7回6対1でレッドソックス勝ってます。

2013年10月21日 (月)

ロシア人街

Img_1114
(サイズ SM)久々の赤ペン♪まだ1回塗りです。

北京マラソンが開催された日曜日。
そのために工場や車の乗り入れを制限したおかげで(たぶん)
空気がとても綺麗~。

まもなく冬が訪れる北京では
オープンテラスもラストチャンスかも?!

で、絵はランチに行ったロシア料理のお店のオープンテラス。
ここはお客の9割が外国人。空気と料理の美味しさも手伝ってか
北京に来て一番といってもいいくらいリラックス。

実はこの付近はロシア人が多く住む「ロシア人街」があって
お店の看板もロシア語表記がいっぱい!
それだけでワクワクしてしまう。

デパートも小さい露店のような店もたくさくあるのだけど
そのほとんどが毛皮のお店。たぶん卸売りが中心みたい。

その一角にロシア人向けの秀水街もありました。
(秀水街=北京で有名な観光客向け偽物ブランドデパート)

2階建ての建物の中に、ぎっしりと詰め込まれたお店。
偽ブランド服、靴、かばん・・・。
中国人の店主とロシア人ばかりのお客。店主はみんなロシア語話してる。

店主たちが食べているカップラーメンやらお弁当のニオイが充満。
面白いけど15分が限界だったかな。


中華世界から突然ロシア世界へ。
そしてまた中華世界へ。

帰ってきてからもしばらく変な感覚が残りました。